海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クジラの漂着

d0106575_23550100.jpg

ニュースを聞いて、館山へ。
沖ノ島の、以前灯台があったすぐ前の岩場でした。
報道によると、ザトウクジラ、10メートル程度ということでした。

d0106575_23555147.jpg

仰向けの状態なのでしょうか。眼とヒゲが覗いています。
d0106575_0142893.jpg

すぐわかる付着物は大きなフジツボ。(頭部近くと胸ヒレ)
d0106575_015362.jpg

尾に小さな虫のようなものが、三匹くっついていました。(1.5センチくらい?)
d0106575_033617.jpg


昼前に一時間くらい見て、いったん島を周り、干潮近い午後2時頃に再度行くと
だいぶ見学者や報道の方も増えていました。
偶然が重なって、現場へ足を運ぶことができクジラに出会えたことは大変貴重な経験となりました。

天気が落ち着いたら、人力で引き上げて埋めるそうですが、どちらも大変な作業になりそうです。
調査研究に役立てられると良いなぁと野次馬ビーチコマーは思いました。

d0106575_013215.jpg

[PR]
Commented by zaimokuza77 at 2010-01-22 06:29 x
漂着したクジラくんには気の毒ですが、おっしゃるとおり調査研究に役立つといいですね。それにしても元気なフジツボや虫などの写真、貴重ですね。眼福、眼福。
Commented by むーみん at 2010-01-22 08:16 x
亀やイルカのお話は耳にしますがクジラですか~(私はアナゴくらいしか…)
貴重な体験をされましたね。
フジツボなどは生存中から一緒だったのかしら…。
hana-ikadaさんの写真はニュースの映像よりもっと克明でいいですね。
セピアの写真がいろいろと語りかけてくるようで感慨にふけります。
貴重な体験のおすそ分けありがとうございました。
Commented by kao_tekuteku_bc at 2010-01-22 09:09
また、すれ違いだったようで(笑)

大きかったですねぇ、びっくりしました。
テレビ取材もあり、近づくとインタビューされそうで、接近はしませんでしたが、フジツボや虫がついていたんですねぇ。
この虫、なんだろ・・・なんか気持ち悪いです。エイリアンに出てきたヤツみたい(><)
Commented by beachcomberjp at 2010-01-22 10:55
付着しているのはオニフジツボや、ミョウガガイでしょうかね~??
よいもの見られましたね。もう少し近かったら、すぐ行くのに!!
Commented by toki-sapp at 2010-01-22 17:55 x
すごいです、すごいです!!

フジツボも虫(ダニの仲間っぽいですね)も地上で見かけるものとは異質なものを感じます。
海の神秘を、お写真から十分に感じ取ることができました。

学生のとき北海道にいたのですが、
小樽にドライブに行ったとき、トドが浜辺で座礁??してました。
道(どう)の人が道路からクレーンで引き上げて処理していましたが、想像と違い、あまりの大きさに本当にびっくりしたことがあります。

きっとこの鯨さんはもっと大きいんでしょうね・・・
Commented by ことまる at 2010-01-22 19:17 x
ニュース見ました、実物のクジラ見たかったです。
近かったら行けるのに!・・・とっても残念に思っていましたが、こうして見せていただけてありがとうございます!!
くっ付いているフジツボも大きいですね。凄いです。

Commented by hana-ikada at 2010-01-22 19:44
zaimokuza77さん
寄生生物?は特有の宿主に付く種類も多そうなので
クジラに付くフジツボかもと考え、わけもわからず撮っておきました。
今後、砂に埋められるようですが、クジラに何が起こったのか・・死因など調べられると良かったですね。
Commented by hana-ikada at 2010-01-22 19:49
むーみんさん
ほぼ同じ場所で、大きなウミガメやダイナンウミヘビの漂着も見ているので
ここは普段からもっといろいろな生物の打ち上げがあるのではと思います。
内湾の小さな島の狭い浜なのに不思議ですね。
フジツボはきっとクジラと一緒に暮らして運命を共にしたのでしょう。
頭部の方から見てみたかったのですが、干潮でも無理でした。
Commented by hana-ikada at 2010-01-22 19:55
かおちんさん
午後はかなりのニアミスでしたね~
午前中から報道カメラは来ていましたが、まだ見学者が交代で近寄れる状況でした。
午後は続々と車や人が集まってきて、皆さん関心が高いですね。
そういえばお互い出かけているのに海では会わないわね~(笑)
Commented by kin at 2010-01-22 20:17 x
うわ、デカ!! 
フジヅボもでかいし、エイリアン?もどきもでかい・・・
これで10mということはシロナガスクジラはまだ2.5倍もあるんですね。実物はもっと迫力あるでしょうね。
Commented by 尚 nao. at 2010-01-22 22:09 x
おお、素晴らしい!
フジツボもクジラにしかつかないヤツがいます。
しかもクジラによって種類が違うようです。
寄生虫はクジラジラミってやつでしょうかね〜。
貴重な画像を見せていただき、ありがとうございました☆
Commented by 昭ちゃん at 2010-01-22 22:42 x
わーっ!すごい迫力ですね、昔なら解体して食べるバイ。
Commented by ダイ at 2010-01-22 23:03 x
す、すごいです!
岩かと思いました!

人力でいけるんでしょうか?
かなり大きそうなのでクレーンとかいりそうですよね。汗

見てみたいなあ。
Commented by hana-ikada at 2010-01-23 08:05
Shigeさん
フジツボの周囲に見えるのはミョウガガイ(カメノテの仲間?)という別の生物かも知れないんですね。
行きはアドレナリン全開でドライブし何だか心地良い状態で
それでも浜の駐車場に着いたら平常心に落ち着き、ほっとして見にいけました。
Commented by hana-ikada at 2010-01-23 08:09
toki-sapさん
こんな大きなダニは遠洋だけで勘弁してほしいですね~(汗)

トドもすごいですね!上野の科博で剥製を見ただけですが
すごく大きくて見上げた記憶があります。
北海道も未知の世界だなあ~千葉とは全く別の環境だから打ち上げ物にとても興味あります。
Commented by クロちゃん at 2010-01-24 02:22 x
衝撃の画像ですね!
この先こんな光景に出合う事あるのかなぁー
出合ったら各部の写真撮りまくりでしょうね。
Commented by hana-ikada at 2010-01-25 09:48
ことまるさん
ニュース、そちらでも報じられたんですね。
私も頑張ってTVつけておいたんですが、関連ニュースは見逃してしまいました。
日本海でリュウグウノツカイが揚がったら全国ニュースにしてほしいなあ。
フジツボ、小さなオニギリくらいありましたよ。
Commented by hana-ikada at 2010-01-25 09:52
kinさん
エイリアンもどきは不気味でした。どういう生態をしているのか不思議です。
このクジラはまだ子供だそうです。
シロナガスクジラは25~30メートルくらいになるんでしたっけ。
想像もできないくらい大きいですね。電車くらいかなあ?(笑)
Commented by hana-ikada at 2010-01-25 09:55
尚さん
フジツボは翌日にはすでに無くなっていたそうです。
クジラジラミという生物がいるのですね。
もちろん陸上のシラミとは違うのでしょうけど。
知らない生き物が思いがけない場所で静かに生きているんですね~
Commented by hana-ikada at 2010-01-25 09:59
昭ちゃんさん
クジラは一昔前までは、人の暮らしに身近で大切な生き物だったそうですね。
私も知らずにクジラの竜田揚げなどを給食で食べさせてもらっていたのでしょう。
鯨の話題が出ると、すぐに「クジラ一頭で七浦潤う」って言い出だす人が身近にいます。
Commented by hana-ikada at 2010-01-25 10:05
ダイさん
ちょうど岩場に揚がったので、海から船で引いて砂浜へ運んだそうです。
土曜日に解体され砂に埋められたそうです。
現場で専門家の説明を聞いた方によると、このクジラは乳飲み子だったそうです。
科博で予算がとれれば将来掘り起こして標本にしたいとネットのニュースにありました。
Commented by hana-ikada at 2010-01-25 10:11
クロちゃんさん
漂着を知ったとき、よく行く場所だったので慌てて出かけました。
昨年九十九里でマッコウクジラが漂着した時は、行けずに残念だったので余計に、見られなくても、とにかく行こうと思いました。
(マッコウクジラは生きていたので、見守る人たちも切なかったでしょうね)
もし次の機会が与えられたら、もっとしっかり詳細まで観察できるように、いろいろ知っていたいと思います。
Commented by tokinoitazura1216 at 2010-01-26 23:58
わ~!
ありがとうございます^^
ニュースで知って近くだったら是非見たかったのですが、いかんせん遠くなので、大きいですね~素晴らしいです。
クジラさんゆっくり土の中でお休み下さい。
Commented by hana-ikada at 2010-01-28 04:48
tokinoitazura1216さん
どなた?と思ったら、あかずきんさんでしたか~(^^)
そちらでもニュースで伝わったんですね。
見学者も多かったし、報道もあってクジラ人気にちょっぴり驚いています。
見ていただいて嬉しいです。ありがとうございます。
Commented by スソカケカシパン at 2010-01-29 00:17 x
リアルな質感! いつもながら すごいですぅ!! 
漂着現場に行きそびれてしまったので、悔しい思いをしてたんですが、hanaさんの臨場感溢れる写真がみられて救われた感じです。
ありがとうございました♪
フジツボとキモスな節足動物・・・怖いほど鮮明で、ゾクゾクもんです。 
Commented by hana-ikada at 2010-02-02 08:30
スソカケカシパンさん
運よく見に行けて良かったです。
あたりまえですが写真より実物の方が、より多くの情報と感動を与えてくれますよ。
次の機会には是非。

by hana-ikada | 2010-01-22 00:18 | 館山市沖ノ島 | Comments(26)