海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

満ち引きの贈り物

浜に到着したときは、ほぼ満潮線まで波があって散策の範囲が狭いです。
そんな限られた貝溜りの中に、イルカの耳骨(アブミ)が埋まっていました。
d0106575_1001865.jpg


そして時間の経過とともに潮がぐんぐん引いて、さっきまで波が寄っていた高さに
新しい貝だまりが次々と現れます。
そこに、もう一つのアブミが、ふわりと乗っかっていました。
こういう出会いは感動ものです。
d0106575_1044434.jpg



二つ目のアブミ(左側)は、小さな穴が貫通していました。何故ホールが?謎です。
d0106575_106233.jpg




                  **ヒガイ**
[PR]
Commented by 昭ちゃん at 2012-02-17 12:15 x
鼓骨が採取できるのもあそこの特徴でしょうか、
こちらでは唯一魚類の咽喉骨を、、、。
Commented by hana-ikada at 2012-02-17 16:48
昭ちゃんさん
こちらでは、あそこの外洋の海辺でも、今回の内湾の浜でも
鼓骨を拾ったことがあります。運が良かったのだと思います。
咽頭骨も存在感がありますよね。しばらく拾ってないので、また見つけてみたいです。
Commented by ことまる at 2012-02-17 22:01 x
貝溜りにイルカの耳石も落ちているのですか?
画像にある鼓骨は年季の入った二枚貝の破片にも見えるので、教えていただかなければ分からないです。
こんな形の骨もある・・覚えました!!ありがとうございます!
Commented by hana-ikada at 2012-02-19 09:05
ことまるさん
イルカの耳石、この地域の海岸では時々揚がるようで、ファンには有名なエリアなんです。
何故そんなに揚がるのか謎ですが、縄文時代くらいのものだろうと言われています。
現生の耳骨が漂着することもあるので、化石やイルカが見られる浜は要チェックです。
Commented by beachcomberjp at 2012-02-25 00:02
欠片ですが、ラッキーでしたねぇ~!!
こっちでは、なかなか拾えません。(笑)
Commented by hana-ikada at 2012-02-26 08:12
Shigeさん
はい、とても運が良かったです。
耳骨は打ち上がる潮のタイミングがあるようです。
私にはサッパリ分かりませんので、かなりラッキーでした。
Commented by 通りすがり at 2012-11-11 01:41 x
耳骨の穴は神経の通るところですね
元々あったものです。

昔の記事に失礼!
Commented by hana-ikada at 2012-11-12 17:04
通りすがりさん
神経孔だったのですね。
きれいに穴があいているので不思議に思っていました。
教えて下さってありがとうございます(^^)
by hana-ikada | 2012-02-17 10:08 | Comments(8)