海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

九十九里散策④(結)

この日、拾ったものは、この古そうなガラス栓ひとつでした。
d0106575_6593081.jpg

波うち際にポツンと流れ着いていました。
九十九里で古いガラスは初めてだったので
こういうものが見つかることがあるんだ・・とかなり意外な印象でした。
固定観念はいけないですね。でも、たとえ収穫がなかったとしても充実した散策でした。
「来てよかった、また来よう」と思えることが一番の収穫でしょうか。
海は不思議です。

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-25 07:08 | Comments(8)

九十九里散策③

浜にはミユビシギの群れが、波打ち際の砂に嘴を差し入れて忙しく採食していました。
波が寄ると大急ぎで走って逃げて、引くとまた砂浜をつつきながら戻ってきます。
ずーっとこの繰り返しですが、見ていて飽きません。

d0106575_13575089.jpg

d0106575_1404868.jpg


ふと見ると、一羽だけ離れて不自然な跳ね方をしています(・o・ )よく見ると片足でした・・・怪我でもしたのでしょうか。
d0106575_142144.jpg

しばらく距離をおきながら、追っていくと・・・








d0106575_14183992.jpg

なぁ~んだ、足が出てきました!正真正銘の片足飛びをしていたんですね。

気がつけば、時々同じことをしている個体がいます。移動の技の一つだったようです。
早合点を棚に上げて、「人騒がせな・・」とちょっぴりホッとしました。

d0106575_1419136.jpg
d0106575_14191534.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-24 14:20 | Comments(8)

九十九里散策②

d0106575_4162636.jpg

浜にはスクミリンゴガイが多数散らばっていました。
図鑑に掲載されていない謎の貝・・・と思っていましたが、
別名「ジャンボタニシ」という、あの田んぼや用水路で大発生して話題の外来種だったのですね。九十九里平野から流れて漂着したのでしょう。


d0106575_4202163.jpg

アメリカザリガニは、昔、近所の男の子たちが川や田んぼで釣っていました。
底が見えないくらい沢山入ったバケツの、ガサガサ・ザワザワ動く音が記憶に甦ります。
手持ちの図鑑によると、昭和初期にアメリカから持ち込まれるまでは
千葉県内にはザリガニは居なかったそうです。初めて知りましたw(・o・)w

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-20 04:31 | Comments(14)

九十九里散策①

三連休初日は雨でしたが、海は波乗りさん達で賑わっていました。
d0106575_920545.jpg

行きやすくて駐車場が無料!という理由で、九十九里ではこの浜を歩くことがほとんどですが
収穫はあまり期待できません。でも、時々様子が気になって来てしまいます。

d0106575_9235190.jpg

こんなあばら家に住むヤドカリは元気に生きていました。
古いツメタガイはあちこち欠けて、ヤドカリのお腹ものぞいていたのですが。
この浜に打ちあがる大きな巻き貝はほとんど古くて壊れた状態で見られます。

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-19 09:36 | Comments(4)

○ と □

d0106575_1443439.jpg

広い砂浜に漂着物が散らばっていると、どこを歩いて良いのかわからなくなります。
なるべく復路は違う場所を歩くようにしています。
そしたら「立入禁止」のロープの足元にガラス球が光っていました。
同じ浮くものでも、これはやはり嬉しいです。
結局、このときはこの浮玉と、前ページのガラスブロックを拾って帰りました。
とても重かったです。特に四角い方が・・

d0106575_14475694.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-17 14:51 | Comments(10)

素朴な疑問

d0106575_20305884.jpg

いつもながら、ゴミの漂着が目立つ浜でした。
ココヤシが三つ、古いウミガメが2頭・・・今年実った新しい胡桃も沢山見かけました。
「もしやモダマも?」と思いましたが、期待で終わり、目はゴミ疲れしてしまいました。


d0106575_20354548.jpg


歩きながら一人でブツブツ・・
<沢山漂着しているな~>
<そりゃそうだ。海に浮んでいるものが、どんどん運ばれてくるんだから・・>

そこでちょっと思ったのは、海に沈むゴミやモノもあるのでは?ということでした。
そんなケースはなかなか人の目につくことはないのでは?
良くわからないのですが、ちょっと怖いと思いました。


ここから海だけを見ていると、とてもきれいなのに。
d0106575_2044896.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-16 20:45 | Comments(4)
d0106575_1232410.jpg

砂浜にカメラのレンズが付かんばかりにしてアオミノウミウシを撮り、
ふと顔を上げると・・なんと!丸いガラス浮きが波と一緒に揺れていました。
滅多に声を上げないのですが、「あーっ!浮だまっ!!」と叫んでしまいました。
このように浮きモノに恵まれたBCとなりました。


場所は、銚子の酉明浦(とりあけうら)でした。
実は、砂浜沿いに観光ホテルがあって、ここを歩く時は、露天風呂でくつろぐオジサマ達と
いつも目が合ってしまうのです(^^;
d0106575_1335149.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-11 01:37 | Comments(12)

雨のビーチコーミング③

これはアサガオガイと同じ浜で見かけました。
ナメクジの子供が青く染まったような・・?また何かの稚魚でしょうか。
d0106575_20372294.jpg

海水を入れて砂を落としてみたら、体の一部が外れていて、ひどく痛々しいです。
先に拾ったおはじきが、直径1センチ程度です。
d0106575_20401353.jpg

d0106575_20403060.jpg

直感的に「どこかで見たことがあるぞ~」と思いました。
昨年に尚さんのブログで見たこれではないでしょうか?状態はだいぶ違いますが。
それとも似ているけど全く違う何者かなのでしょうか??

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-09 20:50 | Comments(8)

雨のビーチコーミング②

潮が満ちてくる砂浜をゆっくり行くと、アサガオガイを発見(゜▽°)
d0106575_552541.jpg

三年くらい前に初めてアサガオガイを見つけたのも、この浜でした。
何も知らなかったので、このプニプニした透明な泡(浮き)に「???」でした。
d0106575_5532488.jpg

まっさらな波打ち際に小さなアサガオガイが一つ、また一つと打ち上がっています。
まさにちょうど、浜へ到着の時間だったようです。
大げさですが、ちょっぴり海とシンクロできたような気分になり、充実感が広がります。

d0106575_64359.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-07 06:06 | Comments(14)

雨のビーチコーミング①

秋雨の中、座り込んで小さな貝を探すのは止めて
ゆっくり浜を歩くことにしました。

d0106575_89231.jpg

この場所で古そうなおはじきが続けて二つ見つかったのは私的にはビックリ仰天でした。
そして同じ大きさのかわいいギンカクラゲも。



d0106575_8114986.jpg

左側のようなギンカクラゲも沢山みかけましたが、皆小さかったです。

d0106575_8125986.jpg

カツオノカンムリも来ていました。
雨の中、傘をさして砂浜を一人トボトボ・・なのに心は次第に弾んでゆきます。

[PR]
by hana-ikada | 2008-10-05 08:16 | Comments(6)