海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やっと海へ

d0106575_18334380.jpg


やっと、やっと!海へ行きました。
よく耐えたなあ、いや~久しぶり・・・と心の扉が全開です。
2時間くらいで帰る時間になりましたが、もっとひたすら歩きたかったです。


さて、プラスチックの漁具がたくさんありましたが、これはタコ壷ですね。
d0106575_18374715.jpg

最初に、なんとなく人の顔に見えて面白いと写真に撮ってみましたが
後から画像を見ると、
「ごめんね。せっかく久しぶりに来てくれたけど、今日は何にもないよ・・・」
と言っていたのかも知れません。
そんなBCではありましたが、なんとか再開できそうです(^^)

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-29 18:44 | Comments(14)

源氏香図?

d0106575_745189.jpg

この欠片、繊細な筆でかわいらしい花が描かれています。

d0106575_802338.jpg

裏返すと高台内に、源氏香に良く似た図があります。
でも、5香炉回るはずなのに、この図は6本もあります。
(源氏香図については前ページ本文中のリンクに詳しく説明されています)

この模様自体は、かなり一般的に何にでも使われていたようです。
着物や帯、茶道具、千代紙、お饅頭の焼印、このような食器類・・・
一般に目にする機会が多くても、香道という雅な趣向にまでは縁が薄かった庶民が
流行りの雰囲気を出したくて描いたのでしょうか。
そして香図もどきが、そのまま世に広まっていったとか・・・?
それとも、全く別に6本で何か意味があるのかな?謎です。

ちなみにこのマーク、もしも6香炉回ったとして同じ香りが3ペアあったということですね。
そう考えると、発展していろいろなゲームに応用できそうです。

共通した欠片を尚さんや陶片狂さんも以前upされており、勉強になりましたm(_ _)m。

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-28 08:21 | Comments(2)

源氏香之図

d0106575_1944917.jpg


ガラス製の柳屋ポマードの壜です。
手前は直径35㎜、内径25㎜の小ささなので、これも試供品だったのかも知れませんね。
奥は直径65㎜ですが、側面の三分の一が欠けています。

画像のビンにも見えると思いますが、家系図のような、トーナメント表のような、不思議なマークがあります。
これは「香図」といって、香道の分野で楽しむゲームの図のようです。
柳屋は、十一番の「花散里」(はなちるさと)を用いていますね。


手前のビンの両脇に描かれた花は椿に似ています。
今でも柳屋の製品で女性用整髪料「椿ちゃんシリーズ」はドラッグストアなどで見かけます。




ところで、こんな抽象画、如何でしょうか?
[PR]
by hana-ikada | 2009-03-27 20:03 | Comments(6)

これ、レート??

d0106575_15242277.jpg


前回、レートの話題が出たので、このガラス片を思い出しました。
形はそれっぽいのですが、濃い色ガラスです。(何色と表現したら良いカラーなのでしょう?)
皆さんは、どんな印象を持たれるでしょうか。案外ご存じでしょうか。
私は、「こんなのもアリ??」と未だちょっと戸惑っています。
こういう色のビンって練り歯磨き粉などには、ありましたよね・・


d0106575_1532613.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-25 15:33 | Comments(4)

ちびクリーム壜

d0106575_949051.jpg

以前にもupした壜たちなのですが、再び紹介させて下さい。
サンプルみたいに小さなクリーム壜です。
アクリル格子の一辺は約5.5センチ。

もうずいぶん海ともご無沙汰しています。
こんな時こそ、今までの収穫の整理を・・と思うのですが
整理しようとすればするほど、余計に複雑になるのは何故でしょう?(涙)

d0106575_9541439.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-22 09:56 | Comments(8)

かもめToKi

d0106575_20405360.jpg


小さな茶碗の欠片ですが、このマークは素直に嬉しくて、すぐに拾いました。
このイラストや文字はとても懐かしい感じがします。
「ToKi]はきっと「陶器」なのでしょうが、
「かもめToKi」で検索しても該当しそうなものが見つかりません。
もう、長いこと棚の特等席に飾ってあります。

d0106575_2052426.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-16 20:54 | Comments(18)

九十九里の収穫

d0106575_1272267.jpg

波が引き、その跡が残る浜を歩きました。
d0106575_1272622.jpg

ハスノハカシパンです。九十九里では多く見かけます。

d0106575_12101958.jpg

今回拾ったものです。
ミクリガイの中身入りが沢山砂に埋まっていましたが、皆命を落としていました。
左はスナメリなどの小さなイルカの骨(椎体)でしょう。
ハスノハカシパン、フジツボ付きのかわいいのを一つだけお土産にしました。
ゴールデンウィークの頃には、また薄い二枚貝が大量に波打ち際を覆うのでしょうか。
その時期に再びこの浜を歩けたらいいなと思います。

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-12 12:39 | Comments(12)

砂浜

d0106575_1124847.jpg

節分が過ぎて春一番が吹いた直後の九十九里です。
日差しが暖かく、静かで、のんびりした浜でした。
d0106575_11243553.jpg


d0106575_11253484.jpg

小さなモモタマナを発見。
以前「九十九里は黒潮が逸れやすい」と聞きましたが、お宝・大漁(笑)は別として
こうして寄せてきていることに間違いはないようです。

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-10 11:32 | Comments(8)

これも、ありました。

d0106575_15595950.jpg

前回のupから日が過ぎてしまいましたが、鴨川ではガラスも拾えました。

↓ これは、顔の一部に見えませんか?お菓子の容器だったのでしょうか。

d0106575_1605251.jpg


岩場で波も荒いので、ビンなどは欠片ばかり。
それでも、ビー玉やおはじきは丈夫ですねえ。

d0106575_1653230.jpg


貝を拾って、骨で遊んで、合間にガラスも見つかって・・・贅沢な浜でした。
[PR]
by hana-ikada | 2009-03-09 16:08 | Comments(8)

歯のズーム

d0106575_1650476.jpg

これは何でしょう?
ときどき見かける魚の顎の骨です。長さ10センチくらい。
こうしてかざすと、ちょっとクリスタルに見えなくもない?
この時期、逆つららにもみえる気がします。

ちなみに、次のは前ページの黒鯛の歯です。(この画像は「趣味が悪い」と家族の一人が言いました)
肉食獣?まともに戦ったら勝ち目なしだわ・・(>_<)

d0106575_19465853.jpg

*お知らせです。
ようやく外部リンクを掲載してみました。
これからもよろしくお願い致します。

[PR]
by hana-ikada | 2009-03-01 17:06 | Comments(16)