海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヤツデスナヒトデ?

d0106575_1285866.jpg

d0106575_1292213.jpg


LPレコード並みの大きな円盤モドキが打ち上がっていて仰天してしまいました。
後から調べると、ヤツデスナヒトデというヒトデのようです。
腕の数が8本前後と、定まっていないとか。
今まで見たヒトデの中で一番大きくて腕が多く、第一印象は「怖い・・」です。


d0106575_1403382.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-11-20 01:41 | Comments(24)

ぐみ

d0106575_981445.jpg


山グミなのでしょうか。たわわに実った赤い実がきれいです。
ちょっぴり口に含むと、先走ったほのかな甘みが次の瞬間、強い渋みに変わります。
d0106575_9222125.jpg


もう2年近く、この浜に通っていますが今まで気が付きませんでした。
岩場の影に手前から、ハマユウ、クコ、そしてグミと自生し、
その上に流木が波に置き去りにされているのが見えます。
目の前はすぐに波打ち際です。


d0106575_9142279.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-11-19 09:16 | Comments(8)

お茶碗など・・

d0106575_2032460.jpg


以前拾った一昔前に使われたと思われる、お茶碗や酒杯など。
ほとんどは欠片で、詳しいことも判らないまま。
でも、こうして手仕事コーナーに並べておくと、とても落ち着くのですよ。



d0106575_2084764.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-11-12 20:10 | Comments(16)

イガグリガイに遭遇

d0106575_21183474.jpg


d0106575_20434097.jpg


強風後に貝殻が寄り集まった中に一つだけあったもの。
「イガグリガイ」と直感しました。
Shigeさんやkinさんのブログで以前拝見したことがあります。
ヤドカリが入った小さな巻貝に付着したヒドロ虫(の一種)の群体が作ったもので
お互い共生関係にあるとか。
中に原型の小さな巻貝があるはずで、見える穴はヤドカリが住んでいたということ。


以前、千葉博の常設展示にもありました。(写真撮影は許可を得ています)
d0106575_21151840.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-11-06 21:19 | Comments(12)

話題のクラゲ

d0106575_23355617.jpg


茨城県の大洗(おおあらい)へ出かける人がいたので、同行して浜で落としてもらいました。
波打ち際は何も無かったのですが、話題のエチゼンクラゲはあちこちに。
なるほど・・・と思いました。
太平洋側で姿そのままを見たのは初めてです。(欠片は先日確認しました)


d0106575_2339498.jpg


地元の人が話しかけてきたので少し話題に触れると、「何年かに一度は見られる」と言ってました。
大量発生の年ってことかな?


それにしても、大洗の予備知識が無かったので、これほど歩きにくいとは思いませんでした。
行く手のほとんどは、波消しブロックと堤防で護岸されているのですもの(涙)


d0106575_23451116.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-11-03 23:48 | Comments(10)