海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

喜・怒・哀・楽

d0106575_5423355.jpg


また、「浜の流木使い」さんが、いらっしゃったようで
この日も、一本の流木が砂浜に立てられ素晴らしいアートとなっていました。

表情から何か感情が伝わってくるのだけれど、
喜怒哀楽さまざまに見えてしまいます。

コンデジの、ピンホール風フィルターで撮ってみました。



全体像
d0106575_5513588.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2010-05-27 05:54 | Comments(12)
d0106575_1146820.jpg

同じ日に、千葉県銚子市の浜で拾ったオオアカフジツボ(たぶん)の欠片です。
ここにも小さなチシマフジツボらしき白い付着物がありました。
(↓正面から。1センチ弱くらい)
d0106575_1150396.jpg

拾った時は、全体的に藻に覆われ黒っぽかったので
歯ブラシで掃除したら、一つはバラバラに砕けました。

検索してみると、チシマフジツボの分布は東北地方以北と、何故か千葉県の銚子。

今回の小さな個体が、銚子産なのか
北からの漂着物に付着し、剥がれて銚子に打ち上がったものなのか、謎です。
土台のオオアカフジツボの分布は、房総半島以南なのですが
机上だけでは、ホントのところは分かりませんね。

一応、別々に保管することにします。
でも、甲殻類はほとんど拾わないので、しまう場所も悩むところです(笑)
d0106575_11594689.jpg


フジツボは全くわからないので、同定が違っているかも知れません。
お気づきの点は教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

[PR]
by hana-ikada | 2010-05-26 12:01 | Comments(6)

チシマフジツボ?続き

d0106575_172645.jpg

前ページのチシマフジツボを漂白してみました。
真っ白になると形状の特徴がはっきりして、美しく
眺めていると雪山連峰を想像してしまいます。(・・ちょっと続く)

d0106575_1783327.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2010-05-15 17:10 | Comments(17)

チシマフジツボ?

d0106575_9264891.jpg

浜には大きな西瓜サイズのプラ浮きがゴロゴロ。
その中で一つの浮きだけ、雰囲気の違うモノが付着していました。
干からびた海藻類やゴミなどを、ちょっと除くと・・・
d0106575_9293633.jpg

これは近頃話題になったチシマフジツボではないでしょうか。
採取する道具を何も持っていなかったので、拾ったプラスチック片でこそげてみたら
すっかり乾燥したフジツボは、パリンと浮きから外れたのでした。
(つづく)

[PR]
by hana-ikada | 2010-05-14 09:35 | Comments(2)
d0106575_731919.jpg


ちょうど同じ時期なのですね。
両者混在して生えていました。

手前がハマエンドウ、実は食べられるそうで
今年はトライしてみたいと思ってます。
(鍵は、収穫の時期に浜へ来れるかどうか)

後ろがコウボウムギ。上の画像、ボケていては不公平?(笑)
穂の茶と、葉の濃い緑が砂丘に季節の色を添えていました。

d0106575_7373567.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2010-05-12 07:40 | Comments(12)

一つだけ

d0106575_15534752.jpg


風に飛ばされて、古い漂着ゴミの中から顔?をのぞかせていました。
今年初めて出会ったアサガオガイです。
以前、この貝を初めて拾ったのも同じ浜でした。



追加
d0106575_745212.jpg

大きく欠けていますが、しっかり中身入りでした。
[PR]
by hana-ikada | 2010-05-09 16:01 | Comments(8)