海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こちらでもイルカ

d0106575_22582232.jpg


イルカの脊椎骨です。周囲には椎間板も幾つか散らばっていました。
d0106575_2259329.jpg


頭骨もありましたが、今回は拾いませんでした。
でももう少し丁寧に調べれば、種類などわかったかも知れません。後悔先に立たず。
d0106575_231867.jpg


脊椎は只今バケツ二つにてハイター漂白中です。
椎間板と、頭骨にあった耳骨は漂白が済み、ただいま乾燥中。
上手くいったら後に紹介できそうです。


それから以前拾ったスナメリ?の頭骨は今も水に漬けてあります。


More
[PR]
by hana-ikada | 2011-12-29 23:16 | Comments(8)

水筒

d0106575_171458.jpg


アルマイトがアルミ製の水筒かと思います。中央に腐食による穴があいています。

今月に入って、別の場所で偶然似た品を二度見る機会がありました。

一度は博物館の歴史コーナーで。戦時中の兵士の所持品の展示として。
もう一度は、たまたま見た朝のドラマで、空襲警報が出て非難するシーンで。
どちらも革製のホルダーがついていました。

これ自体は、古い品なのか、日本製か、ひょっとして外国製かも知れず、謎です。

迷ったのですが、浜に置いてきてしまいました。

[PR]
by hana-ikada | 2011-12-28 17:09 | Comments(6)

クリスマスプレゼント?

d0106575_14275327.jpg


わずか2~3時間の浜歩きとは言え、この景色は歩けども尽きません。


以前はなかった漂着漁船に、誰かが流木で支えを組んだようです。
(組み方からして、いつかの流木アートの方かも知れないと思いました)
d0106575_1431186.jpg



この日は復路でガラス浮きを見つけました。
流れ着くものを見疲れて、ぼ~っとした頭の私を、砂の上でちょこんと待っていてくれました。
d0106575_1433271.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2011-12-26 14:35 | Comments(8)

星と天使

d0106575_14331418.jpg



クリスマス・イヴの日に。
ヒトデの☆と
天使(漂着物ではありません)


今年こそは何か手作りしたいと思いましたが、着手できず。
いつもお手軽で恥ずかしい限り。

[PR]
by hana-ikada | 2011-12-24 14:36 | Comments(6)

だんご三兄弟

d0106575_23572175.jpg


一時爆発的人気が出て、あっという間に引いていった「だんご三兄弟」。
リアルタイムで子供番組を見ていたので、懐かしさがこみ上げてきます。


裏に名前入りとは・・・恐れ入りました(^^)
d0106575_23573926.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2011-12-24 00:00 | Comments(2)

酒瓶

d0106575_0281670.jpg


中国のお酒の瓶なのでしょうか。
めずらしいデザインだと思いました。

底から。

d0106575_0305073.jpg


お酒の機会が多い季節ですね。ご自愛下さい。


<追記>
 「烟台」(えんたい Yantai)・・・中国山東省、山東半島北部の港湾都市。
                    日本にとって身近な観光地のようですね。
                    ワインの産地のようですが、この瓶もワインかどうかは
                    中国語がサッパリなのでわかりません(^^ゞ
                     ワイン=「葡萄酒」だし
                    「烟台〇酒」、「とりへん」に「良」の一文字が謎です。

[PR]
by hana-ikada | 2011-12-22 00:34 | Comments(12)

流れ着いた臼

d0106575_2344250.jpg


d0106575_23502388.jpg


立派な臼が打ち上がっていました。津波で流されたものでしょうか。

ちょうど二か月前、この臼はヘッドランドを挟んで数十メートル北にありました(↓)。
その日は大時化で海岸に立っているのも怖くてすぐに引き返したのでした。
d0106575_2353551.jpg



この浜は他にも多くの3・11由来の漂着物が見られ
海へ流されては、再び浜へ戻っているものもあります。
夥しい打ち上げがある時は、浜を歩いていると今もやりきれない気持ちになります。

先日の新聞に、東北で
新しい臼ときねを作る記事が紹介されていました。
真新しい臼を使うと、新鮮な気持ちになりそう。
つきたてのお餅を頬張れば、元気が湧いてくるように思います。きっとそうなりますように。

[PR]
by hana-ikada | 2011-12-21 00:06 | Comments(6)