海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

初めての浜

d0106575_2345284.jpg

同じ浜ばかり行く傾向を少し変えて、今年はちょこっとでも未知の場所へ足を運ぼうと思っています。

この日はこんな浜。駐車場から長い長い下り階段を降りて行きます。(帰りは息切れ・・)
d0106575_23483442.jpg


拾ったのは意外な一粒・・・琥珀っぽいですが、どうかしら??
d0106575_23493493.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2013-03-21 23:52 | Comments(4)

被災・漂着臼のこと

d0106575_09625.jpg


過去に幾度か紹介してきた、あの漂着臼のことです。
見つかった時期や独特の形状から、震災で流されたものと判断しています。

前回はヘッドランド内の波打ち際で半ば砂に埋まっていましたが
今回は陸側に脱出して、ご覧のように横たわっていました。

風雨や日差し、潮にさらされ、時間に流され、姿はだいぶ劣化してきました。
しかし、この厳しい海岸の環境に耐え、
風化にまかせつつも「この存在が忘れられないように」という
臼の願いと意志のようなものを感じます。

動くかもしれないと、私が力いっぱい押してみたところで微動だにしませんでした。

[PR]
by hana-ikada | 2013-03-11 23:59 | Comments(4)

春ですね

d0106575_14355025.jpg


春めいてきて数日、沖ノ島へ行ってみました。
砂州を通り、向かって右側の海岸です。
d0106575_14373186.jpg


わ~波打ち際に、小魚の群れ!(画像で見えます?)

d0106575_14383029.jpg

春を実感した瞬間でした。
[PR]
by hana-ikada | 2013-03-09 14:43 | 館山市沖ノ島 | Comments(4)

今回も二つ

ニッパヤシを拾ってから、大分歩きましたが
他に南からの漂着物は見つかりませんでした。もし漂着していたとしても
浜は砂が積もった状態だったので埋もれてしまったのかも知れません。

しかし帰り道で、北から旅してきたモノが砂から顔をのぞかせていました。

一つ目。

d0106575_2172928.jpg

d0106575_21752100.jpg


二つ目は「川口さん」でした。サイズもかわいい♪
d0106575_2184496.jpg

d0106575_21959.jpg


滅多に見つからないガラス浮きですが、いままで拾ったうち、ほとんどが
この海岸に打ち上がったものです。幾つ拾ったのか正確に数えたことはないのですが・・

[PR]
by hana-ikada | 2013-03-08 02:27 | Comments(6)

ニッパヤシ

d0106575_11401099.jpg



以前拾ったニッパヤシは乾燥して軽かったけれど、今回は重みがあって肌もしっとりキレイ。
砂に隠れてしまう前でラッキーでした。



d0106575_1144367.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2013-03-02 11:47 | Comments(6)

浜辺のワンコ

d0106575_1763012.jpg


波崎には時々不思議な犬たちがいます。
何がというと、必ず一匹でいて、じ~っとこちらを見ているのです。
こちらが無視して歩いていても、気になってしばらくして振り返ると、犬は変わらずにジッと見ている。
この白い子には、帰途に着く際、土手の上から見下ろされていました。
浜に着いた時には、別の茶色の犬に目で追われていたのです。

もちろん、飼い主と浜を散歩している犬たちとは違った雰囲気です。

この日、最も脳裏に残ったことは、海岸線を車で通る途中、
リードを付けたままの犬が、一直線の道路を 一匹で必死に走っている光景でした。
この浜も周囲も、本当に人気(ひとけ)がないので、
犬たちには何か人知れず事情があるんじゃないか?などと思ってしまいます。


・・・浜の入口は、人より犬の足跡が多い?(犬の方が人間より足が多いので当然か?)
d0106575_17172874.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2013-03-01 17:21 | Comments(2)