海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

またカモメ

d0106575_183518.jpg

拾う物が、なにも無かったので・・・
先週の土曜日、幕張の浜にて。
d0106575_1833299.jpg

d0106575_1835831.jpg
d0106575_184212.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-03-13 18:05 | Comments(10)

久々の内房

快晴の日、東京湾沿いの初めての浜へ行きました。
空と海が様々なブルーを織りなして・・しばし、ため息と深呼吸。
d0106575_6353915.jpg

d0106575_6361274.jpg


久しぶりに貝殻拾い。
拾ったら少しだけ名前を調べます。

<巻貝の部>
キサゴ、エビスガイ、シチクガイ、フクロガイ、チャイロキヌタ、シボリダカラ、ムシロガイ、
バイの子、タマツメタ??それと、大きな魚の椎骨
d0106575_6442567.jpg


<春色の二枚貝の部>スダレガイ、イタヤガイ、クチベニガイ、カバザクラ、チリボタンの子・・
d0106575_646317.jpg


<白い貝の部>
ハネガイ、ヒラフネガイ、サザナミガイ?の古い欠片、ヤカドツノガイ、サザエの欠片、魚の薄い骨

d0106575_657723.jpg


名前を調べるのは大変です(^^;)
でも、たまに繰り返すと徐々に楽になっているかも知れません。
間違ったものがあったら教えていただけると嬉しいです。
拾う貝の種類は、趣向でかなり偏っています。


◆椎骨を横から見た画像です。直径3㎝弱、高さ1.5㎝程度です。
d0106575_2226059.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-03-12 07:05 | Comments(13)

検見川の浜

東京湾の埋立地に作られた人口浜は、幕張新都心のすぐ近くにあります。
d0106575_17461522.jpg

ある早朝の浜の様子。
カモメの一歩?
d0106575_17465514.jpg

視線の先には・・・
d0106575_17472157.jpg

これはチドリの仲間?
d0106575_17474453.jpg

か、、かわいい!
d0106575_1748836.jpg


d0106575_17482657.jpg

拾い物はこの貝殻一枚、これも嬉しい。満ち足りた気分の朝のひとコマでした(^^)
[PR]
# by hana-ikada | 2007-03-05 17:52 | Comments(9)

薬びん

d0106575_1126745.jpg

今年拾ったガラス製の薬びんです。(小さい方は用途不明なのですが・・)
写真は『趙根在写真集 ハンセン病を撮り続けて』より。


目薬びんと、病院用のびん・・
どちらも手前のものが今年の収穫です。

d0106575_1131811.jpg
d0106575_11312649.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-03-02 11:37 | Comments(28)

満開?

d0106575_6115777.jpg


満開の時期を迎えた梅の花、桜のつぼみの膨らみを見守る今日この頃。
五弁の花の印がついた昔の陶片との出会いは、全くその知識が無い頃でした。
きれいな砂浜で、全く偶然に、その二つは目に止まり、
いったん通り過ぎて、考え直して引き返して、手に取りました。
それが初めての出会い。
よく話題になる「五弁花」の仲間だとわかった時にはとても驚き、感動しました。
d0106575_6312733.jpg
d0106575_624034.jpg



並べてみると、タイトルのような「満開」の花とは言えないですが
花模様の陶片を集めるのは楽しい、この先まだまだ続けます。
d0106575_6262355.jpg
d0106575_62634100.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-02-27 06:34 | Comments(10)

試練の報い?

今年二度目の鎌倉行きは、冷たい雨となりました。
さすがの材木座も人影少なく、カラスものんびりしているようです。
d0106575_64463.jpg


雨対策不足で途中から体調を崩し、辛いBCになってしまいました。
回復した現在、海からの恩恵だけが思い出に残ることは、嬉しいことです。
d0106575_612681.jpg

d0106575_6123297.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-02-24 06:14 | Comments(8)

味の素ビン

南房総で見つけた「味の素」のガラスびん。

そして写真作品は、『土門拳の全貌』(財団法人土門拳記念館 発行)の
「筑豊のこどもたち」より<闘う炭鉱労働者>。

この二つを引き合わせるのは、少々独特な発想なのかも知れないけれど
幾つかの矛盾を知りながら、重なる部分を無視できませんでした。

d0106575_148936.jpg


上から、AJINOMOTOのエンボスの残るビン底の欠片。
中央、たぶん、1930年代の商品ラインアップの一つと思われるガラス容器。
下は、不明。味の素ではないのかも。

この写真は昭和34年の出版なので、
並べた味の素ビンは、この女性の母親の代に使われたものかも知れません。
母の代、祖母の代の女性の強さには、到底かなわないと思うのです。


d0106575_14141649.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-02-22 14:16 | Comments(12)

初の日本海(回顧)

昨年末に出かけた能登半島の写真です。
収穫はいつかのリベンジに期待するとして、今思い出しても景色には癒されます。



白尾海岸。近くに「海と渚の博物館」があります。
d0106575_11163723.jpg



ハングル文字の入った漂着物は沢山見つかります。
d0106575_11171562.jpg



千里浜のかもめ。
d0106575_11173238.jpg



夜明けに一人で行ってみた能登島の小さな港。
d0106575_11174661.jpg
d0106575_11175875.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-02-21 11:33 | Comments(4)

鎌倉への興味(つづき)

鎌倉での収穫の続きです。

ガラスのヤクルト壜、正体不明の緑がかったクリーム壜。
潮が引いた黒い砂浜に半ば埋まった状態で見つけました。
d0106575_178356.jpg



由比ガ浜の貝殻です。拾う種類はかなり個人的好みで偏っていますが
d0106575_17113764.jpg


そして材木座の水際に転がっていたテングニシ。磨かれたやわらかな色合いが綺麗です。
由比ガ浜の砂の中から見つけた小さな貝とともに。
d0106575_17142025.jpg



材木座は、千葉の海とはかなり違った雰囲気があります。不思議な海辺です。
まだ名物?の馬の歯にも出会えていないので、
これからも機会を見つけて出かけてみたいと思います。

[PR]
# by hana-ikada | 2007-02-18 17:23 | Comments(8)

藍の絵皿など

先月に神奈川県鎌倉市の浜へ。
舟を描いた皿の陶片と、ビー玉(一部蛇の目状に虹色に光る)は材木座にて、
貝殻は由比ガ浜にて、いずれも波打ち際で見つけました
d0106575_15333984.jpg

d0106575_15335970.jpg

[PR]
# by hana-ikada | 2007-02-17 15:42 | Comments(4)