海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:そのほか ( 28 ) タグの人気記事

届きました

d0106575_16294231.jpg
表紙のイラストが粋ですね~
ずっしり手応えあり。
徳島大会に行けず残念でしたが、
秋の夜長のお供にして楽しみたいと思います。
さて、どこから読もっかな~(^^)




[PR]
by hana-ikada | 2015-10-25 16:33 | Comments(0)

漂着物学会に行ってみた

d0106575_21102086.jpg


漂着物学会大会が開催されるので、久しぶりに南房総へ行きました。
参加者の皆様はビーチコーミングの大ベテランの方ばかりで
大変緊張しましたが、二日間、大いに刺激を受け楽しく過ごさせていただきました。
大変お世話になり、ありがとうございました。

二日目の朝の散策では、公園内の戦争遺跡(えん灯台)も案内してもらいました。ドキドキしました。
d0106575_21301275.jpg


途中で、落下していた鳥の巣を見つけた方がいました。素敵な森の拾い物ですね
d0106575_21182734.jpg



気残りだったのは、
あんなに盛り上げてくれたShigeさんのじゃんけん大会の雄姿を写真に撮っておかなかったことと、
のらさんの素敵な貝殻リースを買い損ねたことでしょうか。

また参加できる機会の折には、よろしくお願い致します。
d0106575_213832100.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2013-11-22 21:43 | Comments(12)

初めての浜

d0106575_2345284.jpg

同じ浜ばかり行く傾向を少し変えて、今年はちょこっとでも未知の場所へ足を運ぼうと思っています。

この日はこんな浜。駐車場から長い長い下り階段を降りて行きます。(帰りは息切れ・・)
d0106575_23483442.jpg


拾ったのは意外な一粒・・・琥珀っぽいですが、どうかしら??
d0106575_23493493.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2013-03-21 23:52 | Comments(4)

浜辺のワンコ

d0106575_1763012.jpg


波崎には時々不思議な犬たちがいます。
何がというと、必ず一匹でいて、じ~っとこちらを見ているのです。
こちらが無視して歩いていても、気になってしばらくして振り返ると、犬は変わらずにジッと見ている。
この白い子には、帰途に着く際、土手の上から見下ろされていました。
浜に着いた時には、別の茶色の犬に目で追われていたのです。

もちろん、飼い主と浜を散歩している犬たちとは違った雰囲気です。

この日、最も脳裏に残ったことは、海岸線を車で通る途中、
リードを付けたままの犬が、一直線の道路を 一匹で必死に走っている光景でした。
この浜も周囲も、本当に人気(ひとけ)がないので、
犬たちには何か人知れず事情があるんじゃないか?などと思ってしまいます。


・・・浜の入口は、人より犬の足跡が多い?(犬の方が人間より足が多いので当然か?)
d0106575_17172874.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2013-03-01 17:21 | Comments(2)

砂浜で見つけた虫

d0106575_16501179.jpg


6月下旬に千葉県の太平洋側の砂浜を歩いた時、見かけた虫。
何かの幼生のようにも見えるが、何でしょう?
動きは穏やかで、ハサミムシ程度のスピードでした。




d0106575_16531746.jpg

オオキンカメムシ。自分で見つけたのは初めてでした。
分布は本州中部以南らしいのですが、産卵時期には広範囲に移動(北上も)するとのこと。先の台風の影響も考えられなくはないですね。
腹側の模様といったら、また派手なこと。(笑)


    
           タイコガイ
[PR]
by hana-ikada | 2012-07-01 17:00 | Comments(6)

パラ・・・

d0106575_7271775.jpg


パラシュートにブランコのように乗って
背中にプロペラをつけて飛ぶレジャー・・・
名称は知らないけれど、こちらでは良く見かけます。

グループのお一人が声をかけて下さって、しきりに勧めます。
「こうやって風をつかまえて練習するんだよ」と実演中の写真です。


子どもの頃、夢見た世界のようです。
そこはモーター音と燃料の匂いはなく
高い場所でも足がすくむまない空想の世界なんだと気がつきました。

高い所からふわりと浜をチェックできたら良いなあ。
でも、低空飛行は危険だそうです。トラブルがあると直、落下するので。


d0106575_7412926.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2010-10-16 07:44 | Comments(10)

水辺の蝶

d0106575_751919.jpg


海岸でカラスアゲハが吸水していました。
羽を開くと青く光り、はっとする美しさです。
飛んでいる姿はなかなか素早いですね。
青いクラゲや貝には出会えなかったのですが。

d0106575_7105532.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2010-07-03 07:11 | Comments(10)

生き延びる?

d0106575_8465832.jpg

波打ち際に 5センチくらいの生物が見えました。4匹も。顔が怖いです。
d0106575_8535179.jpg

これはヤゴではないでしょうか。
野山の淡水で生息するイメージだったので意外でしたが
小さな河川から流れてきたのでしょうか。
トンボの生態は全くわかりません。
驚いたことに、波が引くとジワジワ動き出します。
そしてまた波の裾に もてあそばれていました。
d0106575_8541253.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2010-04-29 08:57 | Comments(2)

d0106575_8332646.jpg


水際に筍の皮と海藻が寄り添っていました。
それを見ていたら、春の味を思い出しました。
そう、筍と若布の焚き合わせです。季節を味わう自然の贈り物ですね。

でも歩き続けると、浜の端には見苦しいほど筍を剥いたあとが散乱。
どうも山で掘った筍を、海辺で下ごしらえして、そのまま・・だったようです。

[PR]
by hana-ikada | 2010-04-14 08:43 | Comments(4)

かわいいホネ

d0106575_18123733.jpg


2センチ未満の小さな骨です。
繊細な形ですが、細い脊髄の通り道があり、椎骨とわかります。
独立した小さな生物に見えてしまいます。

軟骨魚類の丸い骨、縄文遺跡の発掘展示で沢山見ました。
これも小さいものが集まるのは楽しみです。

[PR]
by hana-ikada | 2010-03-17 18:19 | Comments(2)