海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

しばらくぶりの九十九里

d0106575_11374665.jpg


やっと九十九里に行ってきました。良く来ていたエリアで、懐かしい。
しかし、画像のような有様。何もない砂浜のイメージはどこへやら
まるで散らかった資材置き場のようでした。

手前に小さくシナアブラギリが見えます。
そして後ろ左側のやや屈曲した流木を、拾って抱えて帰ってきました。
庭に立てると、野鳥が止まってくれるかと期待を持って。


他にもエボシガイをつけた小さな寄りモノたち。
d0106575_1142964.jpg

小さく丸くなった軽石、Sサイズ?のシナアブラギリ、そしてクルミの殻の欠片にも
エボシガイがくっついていました。
小さな発砲スチロールの粒に付着したエボシもありましたよ。
成長したら自分の重さで沈んでしまいますよね。

[PR]
by hana-ikada | 2011-10-05 11:49 | Comments(4)

長ーい!

d0106575_8565592.jpg


ざっと歩幅で測って100メートルくらい(注:↓)ある流木です。
枝が払われ真っ直ぐに育てられた立派な木。
台風15号が関東を通過した翌日、波崎海岸に漂着していました。
どこから来たのでしょう。山崩れで海へ流出してしまったのでしょうか。
こんなに長ーい(元を正せば、高ーい)流木は初めてです。

東北(震災)由来と、台風由来の西側の漂着物が混じって打ち上げられています。
d0106575_941273.jpg



おっと!!
すみません。長さを間違えました。
歩幅30センチ×約40歩なので、1200センチ=12メートルでした!!

背丈100メートル級の樹木って、、アメリカにセコイアという木があるそうですが
そのままの姿で太平洋を横断してくるなんて考え難いわ~

[PR]
by hana-ikada | 2011-09-28 09:06 | Comments(4)

海豹!?

d0106575_21332543.jpg


海へ向かうアザラシ!?
いくら北からの漂着物が見られるからって、まさか?

d0106575_21351398.jpg

近づいて流木と分かってもドキドキしてしまう。
顔までリアル。
こうして画像で見て、本当に流木だったのかと、またドキドキ(^^)

[PR]
by hana-ikada | 2010-07-22 21:38 | Comments(12)

喜・怒・哀・楽

d0106575_5423355.jpg


また、「浜の流木使い」さんが、いらっしゃったようで
この日も、一本の流木が砂浜に立てられ素晴らしいアートとなっていました。

表情から何か感情が伝わってくるのだけれど、
喜怒哀楽さまざまに見えてしまいます。

コンデジの、ピンホール風フィルターで撮ってみました。



全体像
d0106575_5513588.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2010-05-27 05:54 | Comments(12)

この表情

d0106575_2317443.jpg


浜に在るままの状態ですが、誰かが並べたものかも知れません。
切実に海に向かう魂が宿っていたような。

[PR]
by hana-ikada | 2010-02-23 23:21 | Comments(2)

流木アート

d0106575_6455422.jpg


海岸に出ると、ちょうど真正面にあって驚きました。
どなたかが、この浜の漂着物を使って造り上げたのでしょう。見上げるほどの大きなアート作品です。
海風を受け、広い砂浜になじみ、流木が息を吹き返したようでした。


d0106575_6560100.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2009-07-23 07:00 | Comments(12)