海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:魚・水生動物関係 ( 105 ) タグの人気記事

小さな魚



寒中の1月のある日、館山湾の浜に初対面の魚を数匹見かけました。
どれも手の平に隠れるくらいの小さなサイズです。

                

オコゼっぽい。        
d0106575_06474466.png



大きな黒眼。幼魚かな。
d0106575_06474939.png




キンメのようで金目でない・・・
美しい魚。「大人の塗り絵」の配色の参考になりました(笑)
d0106575_06475313.png




寒さに耐えられなかった南国の魚も含まれるのでしょうか?
お魚はさっぱり分からないので種類を教えていただけると嬉しいです。

また少し「寒の戻り」になる予報です。
かと思うと、こちらでも桜の開花の話題が多くなっています。
季節の変わり目・・どうぞご自愛下さい。


d0106575_06475738.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2016-03-21 07:12 | Comments(2)

初歩き


ことし1月に初歩きした日は、この時期らしく快晴で気持ちが良かったです。
d0106575_14172018.jpg



ウミスズメでしょうか。とてもきれいで新鮮。
d0106575_14172527.jpg

d0106575_14172865.jpg



誰かが遊んだあと。浜には子供たちの自由に遊べるアイテムがたくさんありそう。
d0106575_14174148.jpg




d0106575_14174423.jpg



今年も気ままにヨロヨロと、あちこち歩きます。よろしくお願いします。
d0106575_14185708.jpg







[PR]
by hana-ikada | 2016-03-06 14:40 | Comments(4)

ビゼンクラゲ?


d0106575_12590883.jpg

今月初めに見かけたミズクラゲに似た青っぽいクラゲです。
何人かの方のブログを見て、ビゼンクラゲが大量発生して関東にも漂着していると知りました。
こちらは茨城ですが、これも該当するかなと思って確認のためupしてみました。
数年前、大量発生して問題になったエチゼンクラゲの仲間で
この?ビゼンクラゲもかなり大きなサイズになるらしい。
南方に分布していて、国内では有明海や瀬戸内海が主な生息地のようです。
はたしてどこまで北上していくのでしょうか。

(↓)下は同じ日に近くで見かけたミズクラゲらしき漂着物。サイズは上と同じくらいでした。
d0106575_12591475.jpg





[PR]
by hana-ikada | 2015-09-22 13:13 | Comments(2)

漂着淡水魚

d0106575_17005427.jpg
尚さんもupされていたハクレンです。淡水魚ですが波崎では大物が漂着しています。
尚さんも指摘していますが、確かに周辺にカラスの足跡があるのに
あまり食された様子はありませんね。目玉と、内蔵はつつかれただけかな?


d0106575_17005902.jpg
これも川魚でしょう。


d0106575_17031653.jpg
ナマズでしょうね。
海辺のカラスは、海魚がお好みなのかしら?

時は一年前の秋、台風後の海岸です。河川から流されてきたのでしょう。
古すぎた話でゴメンナサイ(汗)




[PR]
by hana-ikada | 2015-09-18 17:13 | Comments(6)
d0106575_00310993.jpg

海の日、久しぶりにビーチコーミングしました。

この浜にも少しずつ、黒潮の便りが届き始めているようです。
プチサイズのカツオノカンムリが一つと
同じく小さなカツオノエボシ・・・こちらは複数ポロポロと
打ち上がっていました。


d0106575_00312822.jpg
他にもいろいろ。楽しかったです(*´∀`*)

d0106575_00311497.jpg


↓ちょっと気になるお菓子。どんなお味なんでしょう?

d0106575_00311723.jpg

猛暑続きの季節。
皆様、くれぐれもご自愛下さい。

[PR]
by hana-ikada | 2015-07-31 00:43 | Comments(6)

北限だそうです

d0106575_1103474.jpg

波打ち際に孵化直後?のウミガメの赤ちゃんを見つけました。
確かに大きなウミガメのストランディングは多く見られる海岸です。
ですが、この浜とウミガメの産卵はあまり結びついていなかったので驚きました。

d0106575_1135569.jpg

ちょっと調べると、茨城の海岸はアカウミガメの産卵場所の北限だそう。
毎年観察されているようです。(もう少し北側の浜)

これもアカウミガメの赤ちゃんでしょうか。
日干ししたら、若干虫が出てきました。試しに今、カップの中でシリカゲル漬けにしています。(自己流保存)
[PR]
by hana-ikada | 2014-10-10 11:10 | Comments(8)

イルカも

d0106575_5434494.jpg

ウミガメとほぼ並んで、イルカも打ち上がっていました。(びっくりした・・)

d0106575_5444064.jpg

体長2メートルほど。種類は何でしょう?マイルカ?バンドウイルカ?・・・

すぐ近くにもう一体。こちらは少し時間が経過しているようです。上とほぼ同サイズ
d0106575_5495286.jpg



ウミガメ、イルカと合計4体、近い場所にありました。同じ頃に海が運んできたんだろうなあ。
合掌。

[PR]
by hana-ikada | 2014-06-14 05:53 | Comments(12)

動き出しそう?

d0106575_472689.jpg

砂浜に大きなウミガメが!頭を持ち上げて・・・生きてる!?



近づくと・・・残念!体内にガスがたまっていたのでした。

d0106575_411486.jpg



数十メートル先にも、同じくらいのサイズのウミガメが。
久々に大きな生き物を見てドキドキしましたが、
ウミガメの遭遇率は意外と高いのかも知れません。


more
[PR]
by hana-ikada | 2014-06-12 04:21 | Comments(6)

可愛いね

d0106575_23492659.jpg


きれいな幼魚が打ち上がっていました。ウミスズメでしょうか。
先週は雪が降り寒かった南房総、今週末は暖かそう。
d0106575_23503875.jpg



d0106575_23505798.jpg


大きなプラ浮きとパイロン。その間の小枝などが寄っている中に、この魚はありました。
[PR]
by hana-ikada | 2014-01-25 23:55 | Comments(12)

佃煮にできそう・・

台風18号の後、東京湾の浜を歩きました。
浜は異臭が漂っていましたが、釣り人さん達はちっとも気にしていない印象。

大量に漂着していたのは三種類の小さな海の生物。まずはウニとヒトデ。
一種類ずつですが、長いラインに同じサイズが大量漂着でした。
d0106575_2331723.jpg

d0106575_23313737.jpg


それから、5センチくらいのナマコ状の生物。干物がたっぷりと。
d0106575_23332277.jpg


まだナマ状態の打ち上げ(薄茶色の物体全て)。
d0106575_2334854.jpg

水中にもぞっとするほど、漂っては打ち上がっています。(白っぽい粒状に見えるものです)
d0106575_23345329.jpg


台風のせいでも、数日前発生の青潮(もっと内湾の方)のせいでもなさそうですが(貝や魚はありませんでした)・・・
特定の生き物だけの大量漂着でした。
d0106575_23395774.jpg

[PR]
by hana-ikada | 2013-09-28 23:46 | Comments(6)