人気ブログランキング |

海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

続・来た、来た

d0106575_7302094.jpg

d0106575_7303964.jpg

ギンカクラゲの打ち上げとともに、少しルリガイも寄ってきていました。
何故か皆、気泡を上にしていました。
この日は強い南風が吹き、帽子もかぶれない状況でした。
潮がぐんぐん引いていくにもかかわらず、風がこれらを運んできたのでしょうね。

この三連休から子どもたちの夏季休暇が始まり、海は遠くなりますが(普通と逆ですね)
お蔭で多少は、心おきなく夏休みに突入できそうです。海に感謝。

d0106575_7351023.jpg

d0106575_7353717.jpg



zaimokuzaさん発案の「イモ洗いジェット水流方式」試してみました。
あっという間に浮きの部分は外れたのですが、中身は残りました。
貝の量が足りなかったのかな?
しかし臭いを発する前に、楊枝と綿棒でキレイに取れたので良かった良かった。

Commented by 昭ちゃん at 2010-07-18 08:24 x
ギンカクラゲを食べるようですね、ルリガイは美しい貝ですが強烈な匂いですね。
Commented by ろっかく at 2010-07-18 19:42 x
ルリガイ、きれいな色!
お逢いしたことないです(*^_^*)
Commented by hana-ikada at 2010-07-18 23:51
昭ちゃんさん
♪青い貝ルリガイ、なぜなぜ青い?
   青いクラゲを食べた ♪
小さなヒメルリは中身が残ってしまったようで、ちょっぴり魚臭いです。
Commented by hana-ikada at 2010-07-18 23:54
ろっかくさん
薄くて割れやすい貝殻です。
日本海側でも拾ったことがあります。シーズン、まだまだ続くでしょう。能登もこれから期待です。
Commented by 尚 nao. at 2010-07-19 00:40 x
来てますね〜。
鎌倉ではかなりの漂着があったようです。
僕はほかのところで数個だけ拾えましたよ。
気泡を上にしているのは、その方がバランスがいいのでしょうね。
取れてしまうと、あまり関係ないようですが。
生活しているときは水面下で気泡にぶら下がっているので
その時の記憶が残っているのかもしれませんね?(笑)
Commented by zaimokuza77 at 2010-07-19 04:09 x
hanaikadaさん、「イモ洗いジェット水流方式」はヒメルリガイのようなちいさな貝向きで、ルリガイのような大きな貝には向かないようです。ルリガイの肉抜きは、1つ1つつまみあげなくてはなりませんが、水量を調整しながら水道の水流を一本にして殻口にあててみてください。不思議なことに、ピョロンという感じで、中から肉が飛び出してきます^^これが結構快感で・・・といっても今回はもう間に合いませんね。次回のお楽しみということでご勘弁をm(_ _)m
Commented by hana-ikada at 2010-07-20 04:16
尚さん
z-77さんのブログを見てびっくりしましたよ!
青いクラゲや貝の他にも珍しい生物が流れ着いているようで・・・すぐにでも鎌倉へ飛んで行きたいくらいです。
アサガオガイは各所で一つずつくらい見ていましたが
ルリガイは今年始めてでした。
今まで気泡が外れて色で気付くことが多かったですが
今回は白い泡を探すことになって面白かったです。
Commented by hana-ikada at 2010-07-20 04:26
zaimokuza77さん
コメントありがとうございます。
この方式は偶然発見されたのでしょうか、目からウロコが落ちるようです。
ヒメルリ大量向けだったのですね。私も試せる時がくるといいなあ。
今度はヒルガオガイの「夢のイモ洗い」が出来たらすごいですね!(笑)
ルリガイ、次回拾えたら試してみます。楊枝や綿棒だと
貝のデリケートな殻口が欠けそうで緊張します。
「ピョロン」の快感、味わってみたいです。(貝さん、ごめんなさい)
鎌倉の海岸、漂着物が充実して羨ましいですが
早朝から走り回る重機には、お気をつけ下さい。
Commented by beachcomberjp at 2010-07-20 22:02
Zさんの言われるように、新鮮なものなら、蛇口の水流を加減して(けっこう開いていますが)殻口から水を注入すれば、面白いように「クルリン」と中身が抜けます。もちろん「ピョロン」でもいいのですが。(笑)
Commented by hana-ikada at 2010-07-20 22:25
Shigeさん
「クルリン☆ピョロン」試してみたいです~(^^)
楊枝で刺されたり、綿棒で絡め取られるより
貝の負担も少ないでしょう。
う~ん、なかなか思うように海へ行けないのが夏の悩みです。
by hana-ikada | 2010-07-18 07:49 | 館山市沖ノ島 | Comments(10)