海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

シャリンバイ


d0106575_925159.jpg

d0106575_93173.jpg

海岸に咲いていました。
車輪梅。
近づくと、ほのかな甘い香りがしてきます。

大潮の日、いつも車で通る場所から眼下にちらりと見える小さな浜。
躊躇しながら狭い道を降りていくと
そこは思い描いていた通りの美しい場所でした。
布良(めら)海岸。有名な浜らしいですね。

d0106575_965348.jpg

d0106575_97947.jpg

[PR]
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-04-21 16:43 x
hana-ikadaさん懐かしい名前をアンガト。房総最南端の「布良」ここから南に見える星(南中が3月だからもう遅いでしょう)竜骨座のカノープスが海上から昇るのを、、、メラ星・入定星漁師の古老さんもいなくなった今もう言わないでしょうね。
ちなみに我が家からは11月に4:00から3月の中旬20:00まで観察できますが海から昇るのは感激で南にいくほど高く上がります。(緯度)
七福神の寿老人です。
Commented by 尚 nao. at 2007-04-21 17:11 x
昭ちゃんさんは博識ですね!
カノープスは星好きにとっては憧れですよね。
野尻抱影氏の本を読んで「布良星」の名をしりました。
初めて見たのは中学の頃かな?地元の高台で南の空低く。
沖縄に行って見たときには、あまりに高いところに上るのでビックリでした(笑)

シャリンバイ。素敵な花ですよね。
海岸にも花が増えてきました。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-04-21 18:02 x
尚さん有難うございます。何でも子供のころから好きでそのまま大人になり今は悲しいかな顎専門です。
寿老人沖縄では高いでしょうねあこがれますよね、現在の北限記録は山形の月山だそうで我が家から3度ぐらいでしょうか、気流の関係で赤青にきらきらと美しく見えます。
私の小学生のころ(昭和13年)大阪についで東京に「プラネタリウム」ができました。そのときの解説は抱影先生でした。ドイツのカールツアイス
製です。
Commented by luna at 2007-04-22 23:47 x
車輪梅・・・の白い花弁が、色とびしないでしっかりと描写され
いいですね。流石!

カノープス。。。響きが良い名前。天体少年の昔の記憶。
藤井旭さんの本かな?
昭ちゃん、カールツアイスのプラネタリウム・・・大阪で見ました。
昭和の時代でした。。。
京都には、後藤光学しかなかったから?
ツアイスのレンズの神話?伝説思い出深い今日この頃。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-04-23 04:42 x
Lunaさん思い出を有難う、東京のプラネタリウムは我が家と同じ日に空襲で焼けましたが大阪はのこったそうですね。ライカのⅢFツアイスレンズにはあこがれましたねー
子供のころから欲しかった天体望遠鏡を炭坑閉山(昭和42年)で買い始めて見た土星に感激しました。
ところでLunaさんのハンドルネーム「Luna」はどこから、ロシア語の月か河村隆一のルナシー? 由来は、、。
Commented by 尚 nao. at 2007-04-23 16:12 x
lunaさんは同世代でしょうね。
僕も星の本と言えば藤井旭さんでした。
初めて自分で買ったのが今はなき五島プラネタリウムの解説をされていた村山定男先生と
藤井旭さんの写真で構成した『天文学への招待』でしたね。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-04-23 17:01 x
尚さん私のバイブルは「星と伝説・星三百六十五夜」どちらも抱影先生です。娘たちが小学校にあがるまではなかなか自分の時間は有りませんしもう笑い話です。
月面地図を広げて月の観察中「アレッ!」いつものように眺めた地図が「ボヤット」見え少し離すと「ハッキリ」これが老眼を初めて意識した瞬間で41才でした。仮性近視は進みが遅く1.5の我が家の同居人はドンドン進みますね。(個人差は有るでしょうが)そんなわけで私は夜と海岸のメノウ採取以外は必要ありませんから100均で充分ですが、皆さんは安いのはいけませんよ。ご参考までに長々とごめんなさい。
Commented by luna at 2007-04-23 22:54 x
いえいえ、昭ちゃん。いつも感謝しています。
京都・藤森の青少年科学センターに五島光学プラネタリウムがあった
記憶です?ツアイスは、大阪に!

私もライカM3を。でもあまり使ってあげれないので泣く泣く
手放しました。。。いまは、ローライだけ。。。
初めて使ったカメラが「ニッカ」。。。笑い!ご存知ですか?
某貝類。。。先輩が、キャノンでテッサーレンズの設計者で
・・・サインもらえばよかったのですが、鬼籍です。
カメラは、多いけど。。。使う時間がありません。。。トホホ。

天文少年の時は、視力が2.0を越えていた。。。
「すばる」プレアデス星団を数えたりしていましたよ。。。
HNの由来は、ダイレクトで!

尚さん、たぶん。。。
藤井さんは、少年時代のあこがれ。
よき時代の天体興味への扉がありました。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-04-24 00:16 x
スゴーイですね、ローライコード!ニッカこそライカⅢF型で昭和26年7・8万でしたよ。先日講座のあと中古カメラの話で盛り上がりました。「昭ちゃん古いカメラの鑑定を一言で」「距離はフィート」です。面白いですねーペガススから冬の星座のオンパレードですね。
hana-ikadaさん掲示板の独占年寄りの話でゴメーン。
Commented by 尚 nao. at 2007-04-24 01:09 x
昭ちゃんさん。
『星三百六十五夜』は文庫で読みました。
『星と伝説』『日本の星』『星の民俗学』どれもいい本ですよね。
バイブルは藤井旭さんの『星の旅』でしょうか。
世界各地を星を見るために旅をするエッセイですけど、
そんなことができる大人に、とっても憧れました(笑)

古いカメラはオリンパス・ペンを持ってるのですけど…
まったく使ってませんね(恥)デジカメばっかりです(笑)
Commented by luna at 2007-04-24 09:47 x
オリンパス・ペンいいな。~
オリンパスは、OM1のCMに憧れを感じていました。
「~ほんまやったら。。。うちの仏さん、国宝?・・・♪」って!
世相が過去モードでたまらない。。。
ハナさんの琴線に振れないように!

星に夢を馳せた時代。。。
メシエの図録なんてのも。。。必死でM78星雲探した。。。
Mは、メシエのMで。
宇は、宇宙の宇なんてSFに通じる。。。

カメラなどの機械と金属は、少年のお宝時代かな。
しかし、ライカの機械工作の精度は、素晴らしいの一言。

。。。。。そのうちに、石のお話になるのでは。。。
宮沢賢治先生とかでしょうね~。
昭チャンm(_ _)m 感謝!naoさん、同世代同好。
ハナさん、大変失礼しております、高齢少年のたまり場で。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-04-24 16:04 x
hanaさん少年の心のまま老化した私とこれも少年のまま壮年を迎えているお二人さんのコメントが占領した掲示板でゴメーン。
Commented by hana-ikada at 2007-04-24 18:00
昭ちゃんさん、naoさん、lunaさん
お返事遅くなってすみません。
いや~、とっても楽しく拝見させていただいております(^-^)
皆さん、本当に自然や道具を愛していらっしゃるんですね。
少年の瞳をもったオジサマたち、大好きですよ!
願わくば、布良の浜に集合し、星空を仰ぎながらの尽きないお話を
かたわらで聞いていたいと夢見ちゃいます。
別に布良じゃなくても良いけど。でもすぐそばに良い温泉もありますよ。
昭ちゃんさん、いろいろお気兼ねなくお願いします。
楽しんでいますので(^^)
今、時間がないのでこのへんで。また、できたら?お返事します。
by hana-ikada | 2007-04-21 09:12 | Comments(13)