人気ブログランキング |

海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

馬の陶片

別の日に、別の場所で拾った陶片たちです。
並べてみると、陶土も釉薬も成形も共通らしい。

d0106575_16171978.jpg

裏返すと、仕上がりに大分違いもあるようですが・・
d0106575_16183961.jpg

右側の陶片には、判を押した跡が残っていますが、よく読めません。
d0106575_16194811.jpg

最初に拾ったものが、いつ頃だったか忘れてしまったのですが、
一番きれいに馬のカタチが残っていたのが幸いしました。
そうでなければ他の二つは馬と気づかず、この三つが並ぶことはなかったと思います。

d0106575_16233884.jpg
d0106575_16234942.jpg

Commented by 尚 nao. at 2008-08-11 23:04 x
おもしろいですね〜。
共通の馬のレリーフが、なにか作家性を重視してるって感じですね(笑)
高台とか、ちょっとずつ違っているのも作品的?
これが別々の浜辺で拾えるんだから、楽しいですね〜☆
Commented by mimi_daikon at 2008-08-12 10:28 x
別の場所でというのがポイント(?)ですね、千葉で流行ったデザインなのでしょうか。私も出会うことがあるかしら、これは楽しみ~♪
Commented by hana-ikada at 2008-08-13 12:40
尚 さん
やはり地元の個人の方の製作によるものなのでしょうかね?
陶芸家だったのかな~?南房総地域限定?
男性的な作品で迫力ありますよ。
Commented by hana-ikada at 2008-08-13 12:43
mimiさん
また浜から出てくるかもしれませんね。かなり個性的な欠片です。
馬を見ているとかわいく思えてくるのですが、
本来のこのモチーフの意味も知りたくなってきてしまいます。
by hana-ikada | 2008-08-11 16:24 | Comments(4)