海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

貝殻がいっぱい・・の浜で

d0106575_10182894.jpg

小さなその浜は、岩と岩に挟まれた観光地とは無縁の素朴で自然な場所でした。


誰も居ないのに、かわいい「貝のカゴ」がありました。なんだかホッとします。
d0106575_10233825.jpg



これは海の生物ではないですよね?ムカデ?散策中によく見かけました。
灯台入口のトイレの床にも転がっていましたっけ。
岬全体に生息してるのが打ち上がったのでしょうか。
d0106575_1027856.jpg



ハート型の石。拾ってくるべきだったと激しく後悔。
ズシリと重く、諦めてしまったのでした。
そばにあったビーチグラスをアクセントに。そうなのです、ガラスもありました。
d0106575_10303764.jpg



一定のラインだけに点々と黒いオイルが。
気がついた時には、手や服を汚してしまいました(T_T)
d0106575_10331355.jpg



帰り道。やぶ草を掃いながら細道を進むと、灯台入口へ続くこのような坂道に変わります。
楽しい思い出をありがとう。

d0106575_1037483.jpg

[PR]
Commented by beachcomberjp at 2009-01-12 13:32
ハート石、残念でしたね。
こうした、ちょっとポイントを外したモノこそ、後になって気になりますね。
Commented by kin at 2009-01-12 17:11 x
立派なハートストーンです!
こちらにも小さい浜はあるのですが波が強くてこの時期は近づけません* _ *
Commented by ことまる at 2009-01-12 21:33 x
ゲジゲジ、家の中で見ると悲鳴をあげますが、浜だとまだ観察できる余裕があります。
ハート石、素敵な形ですね~。後から、しまった~拾うの忘れたって思い出すのです、残念!
Commented by kurosionoumiyam at 2009-01-13 23:24 x
灯台下のこの浜は貝殻ばかりの浜です、地元の方が時々掃除をしてくれているので、割りいあい美しく保たれています、ここから干潮時のみ北側の浜に抜ける事が出来ます、こちらの方は漂着物が多く海豆なども良く上がります、黒潮が接岸している関係か、廃油ボールの漂着が多く閉口しています、死体のげじげじは「ヤスデ」と呼ばれているもので無毒ですが、小さな口で噛み付く事が有ります。
Commented by hana-ikada at 2009-01-14 12:04
Shigeさん
あはは、本当に。帰りの新幹線の中で画像をチェックしていたら
もう気になってしまって、残念で・・・
これを教訓にして、フィールドで目に留まったモノは極力拾おうと誓いました。
Commented by hana-ikada at 2009-01-14 12:09
kinさん
なかなか素敵な石でしょう?
逃がしてしまうと余計に惜しくなるのは、人の心理かしら?
私もはるばる海にやってきたのに、波と強風で浜に近づけないことが時々あります。自然相手なので仕方がないのですが。
Commented by hana-ikada at 2009-01-14 12:14
ことまるさん
ゲジ、ヤスデ、ムカデは自宅にも沢山います。
ムカデは子供たちが刺されると困るので退治しますが。
貝ガラをザクザクしていると、よく出てくるので
シーズンには岬の森からこの虫が降ってくるんじゃないかしらと
背筋が寒くなりました。
ハート石、何故だろう?(涙)きっと貝に目が奪われていたのだと思います。
Commented by hana-ikada at 2009-01-14 12:31
kurosionoumiyam・・さん
やはり地元の人々が手入れして下さっているのですね。
そうでなければ、もっと海ゴミが堆積して、浜も道も荒れていることでしょう。感謝です。
北側というと、海に向かって右側?貝の他、どんな漂着物が流れてきているのか興味深いです。
この黒潮の恵みですから、kurosiono・・・さんの海豆コレクションは見事なのでしょうね。
オイルが海豆や貝殻など収穫に付着すると残念。生物にとってはもっとやっかいなものでしょうし。
ヤスデでしたか!紀州のは大きいですね。
いろいろ教えていただいて後から見えてくることもあって嬉しいです。ありがとうございます。

by hana-ikada | 2009-01-12 10:44 | Comments(8)