人気ブログランキング |

海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2007年 09月 15日 ( 1 )

ミドリイガイ

ツメタガイの打ち上がった浜には小さなミドリイガイの貝殻もありました。
d0106575_0455695.jpg

一緒に拾った洋酒のミニボトルの高さは8cmです。

ミドリイガイ
元生息地はフィリピン。日本において・・・
1960年に瀬戸内海でブイに付着を確認(死滅)。
1980年~太平洋岸各地に見つかり、1985年東京湾に定着。
千葉市では、6~7月に定着、初夏に繁殖。越冬できないとあるが、
温排水の影響で、越冬も確認されている。
東京湾湾奥部から湾口に徐々に分布を広げている。
『千葉県の自然誌 本編7 千葉県の動物2』(平成12年)より。
(*今年の1月にmixiの日記にupしたものと同じ文です。ちょっと資料が古いかな?)


エボシガイのように何かに付着しての旅よりもむしろ、
この貝はバラスト水により拡散されたと考えるほうが何だか納得できるのですが。

我が家のグッピーのために購入した水草に付着していた小さなタニシ、
その後驚異的に増えて手を焼いています。小さな水槽でさえ、完全に取り除くことは難しい。
バラスト水による生物の移動はもっと複雑で畏れあることでしょう。

先日、金谷港で食べたシーフードパスタにのっていたムール貝、
どう見てもミドリイガイだったと思うのですが(^^;

by hana-ikada | 2007-09-15 01:09 | Comments(14)