海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

せたな町 三本杉岩

家族旅行で道南へ行きました。
「飛行機はイヤ」という人がいたので往復新幹線です。
意外と早く到着し、北海道の入口がとても近く感じました。

d0106575_00111380.png
せたな町は奥尻島へのフェリー港があります。(人がほとんど見あたりません)
空気が澄んだ日は良く見えるという奥尻島は、うっすらと輪郭が確認できた程度でした。



d0106575_00113587.jpg
何も下調べしなかったので、いきなり海から大岩が突き出て点在していて驚きました。


d0106575_00113995.jpg
特に三本杉岩と名付けられた三連の岩は、高さ約30メートル、火山活動の名残なのだそう。
拾い物をする時間はありませんでしたが
中心が欠けたユキノカサガイが砂浜にたくさんありました。


それから砂浜の一部に小さな湧水があって面白かったです。
d0106575_00114335.jpg
きれいな水がこんこんと湧いてくる様子は見ていて飽きません。



[PR]
# by hana-ikada | 2018-08-04 00:33 | Comments(5)

ヘチマコロン

小さな潮だまりの底に、横倒しになっていた緑色の瓶。
拾ってみたら、憧れのヘチマコロンの瓶でした。

d0106575_10164524.jpg

実ったヘチマ棚を描いたエンボスと、少し深めのグリーンが素敵です。

d0106575_10165033.jpg

「日本のレトロびん」という本に詳しい掲載を見つけて嬉しいです。
それによると、これは昭和初期~1933年頃のタイプの製品のよう。
(ほぼ同じ時代の「ヘチマコロンクリームびん」というのも気になりました。)

ヘチマコロンは現在も周知の化粧品会社で、容器の素材は変わっても
おなじみのローションや乳液などいつでも手に取れるものと思っていました。
が、先日最寄りのドラッグストアでは見かけませんでした。

d0106575_10165613.png

今年は春にヘチマの種を蒔き、成長したヘチマと瓶を一緒にupしたいなどと
スローな発想でいましたが、季節が変わるとすっかり忘れてしまうのがオチなのです(笑)







[PR]
# by hana-ikada | 2018-03-20 10:50 | Comments(6)

かわいいサイズ

d0106575_09243735.jpg
今年のお年玉は、10円玉より小さい扁平ちゃん。
それから付着物だらけのシリンダー浮きでした。

d0106575_18022844.jpg




毎日健康のために浜歩きをしているという地元のおばあちゃんに会いました。
見せてくれた袋の中には、採れたて二枚貝や牡蠣(食用)、
大きな瑪瑙ゴロゴロ、カシパン化石の欠片など。
そして飄々としてる。すごいな~

昔はすぐ近所に碁石(白)を製造する作業場が三軒あって、
材料になる分厚い貝の欠片を拾い集めて持って行ったそうです。
プラスチックのない時代でしょうね。
「これなんか、いいのになあ。これも。いくらでもある。」と
ベテランビーチコマーが浜で一番気になるのは、ホッキガイの欠片のようでした。








[PR]
# by hana-ikada | 2018-01-16 09:41 | Comments(4)

2018年 戌年

大変遅くなりましたが、
新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

d0106575_18263791.jpg
さて戌年ということで、浜で出会ったワンちゃんたちを。
懐かしいね。
今年は君たちの年なんだよ。


昨年は海岸でいろいろな出来事がありました。
今年はどんな一年になるのでしょう。
安全第一で無理なく海辺散策を楽しみましょうね(^-^)





[PR]
# by hana-ikada | 2018-01-13 18:47 | Comments(4)

ガラスうき漂着

黒潮の大蛇行や、大型台風直撃といった大きな自然現象に
地元の沿岸の様子が気がかりな今年の秋でした。
被害に遭われた関係者のかたがたに心よりお見舞い申し上げます。

11月下旬に歩いた浜は、ガラス浮きが多く見られました。
こちらでは珍しいです。

d0106575_11412115.jpg
数えたら14個でした。
ヘソに川口のエンボス付きがいくつか、明らかにタコ漁りに使われているもの3個
韓国製は初めて拾いました。

d0106575_11412502.jpg
金テープでお化粧し、ルアーや光モノをまとったタコ漁り。
海の中ではどんな風に見えるのでしょうか(^^)


d0106575_11413079.jpg
お掃除したら少々寂しくなったような。
この冬ゆっくり網掛けしてあげようと思っています。

日本海から津軽海峡経由で太平洋側を南下してきたのでしょう。
新しそうなものから、長いあいだ海に浸かっていた様子のものまで様々です。
たいてい一緒に寄ってくる白樺浮きがほとんど見られなかったことが
私には気がかりでした。(白樺浮きが好きなので ^^)





[PR]
# by hana-ikada | 2017-12-07 12:33 | Comments(8)

小さな福助さん

潮が引き、普段は行けない岩の向こうまで歩くと
白い福助人形が横たわっていました。

d0106575_13383154.jpg
 

足袋や靴下メーカーで有名なあの福助ですね。
それから、お店で見かけるので商売繁盛の縁起物でしょう。

縦横3センチくらい、奥行き2センチ足らずの小さいもので
前後で型合わせしてあり、底の中央に爪楊枝くらいの穴が開いています。
いつ頃のものでしょうか、玩具だったのかな?

d0106575_13383749.jpg
小さいけれど存在感は十分です。
お座布団を作って飾ってあげないとね*(^-^)*




<8月27日 追加>
粗末な座布団ですが端切れで作りました。
後ろの丸い木彫りも漂着物です。

d0106575_07492497.jpg







[PR]
# by hana-ikada | 2017-08-25 13:55 | Comments(4)

コアホウドリの漂着

前記事と同じ日。砂浜の真ん中に大きめの鳥が休んでいました。
ウミネコよりどっしり大きい。。
d0106575_11293682.jpg
コアホウドリかなぁ?以前も打ち上がっていたことがあったので。


歩き出すと、次々と漂着した同種らしき鳥が。
d0106575_11295255.jpg



d0106575_11294794.jpg
こちらは、足も嘴も全身黒っぽいです。長い翼が折り畳まれています。



d0106575_11294180.jpg
数百メートルの間に見られました。
先日の台風5号の被害にあったのでしょうか。痛々しいです。



戻ると、さっきの子が今度は起きていました。
d0106575_11333725.jpg

まだ後頭部にグレーの羽毛が残っているようです。

一応、行ったことのある博物館に連絡してみました(県外(;^_^A)
丁寧に説明して下さいましたが、「そのままにしておくのが良いと思います」との返答でした。
夏休み・お盆の御多忙な時期にもかかわらず、ありがとうございましたm(_ _)m




[PR]
# by hana-ikada | 2017-08-13 12:06 | Comments(4)

長い列


お盆直前に鹿島灘を歩きました。
 
d0106575_11064707.jpg

少し高い漂着ラインに小さめの青いクラゲが寄っていました。
  ギンカクラゲ > カツオノエボシ > カツオノカンムリ
数キロ歩き、大量ではないにしろ、ずっと散らばり、
こんなことは初めてでワクワクしました。
d0106575_11065384.jpg

復路は波打ち際を歩き、まだまだ新しく漂着しているのを確認。
これで青い貝が上がってくればさらに嬉しいのですが、見つかりませんでした
ルリガイ、アサガオガイ、待ってるよ~ん(^-^)/





[PR]
# by hana-ikada | 2017-08-13 11:28 | Comments(4)

迷子のヒナに遭遇

本格的な夏シーズンに入る前に、久しぶりに館山へ行きました。
汀線を歩いていると、背後の藪から「チィ、チィ」と力強い鳴き声が。
あまりに続くので気になって振り返ると、

d0106575_11294728.jpg

まだ巣立ち前のヒナでは?何故こんな事態に?
周囲に巣らしきものは見つかりませんでした。



d0106575_11295221.jpg

なんて名の鳥でしょう?アオジのような色をしていますが難しいです。
鳥図鑑を紐解くとますます悩みます。
体の色が、周囲と見事に同化していますね。



d0106575_11295933.png


親鳥を呼び続けていたのでしょう。体力は大丈夫?
周囲にはカラスが飛び、きっと藪にはヘビもいることでしょう。
「お父さん、お母さん、早く見つけて下さい」と祈るしかできませんでした。







[PR]
# by hana-ikada | 2017-07-21 11:48 | Comments(0)

コアジサシ 2017


浜に出ると、目の前がコアジサシのコロニーになっていて驚きました。
先週のことです。
d0106575_21275023.jpg

この時期、河原や砂浜でコロニーをつくって繁殖します。
アジアやオーストラリアから渡ってきたのでしょうか。



d0106575_21275634.jpg
わ~求愛のプレゼントかもしれませんね♡



d0106575_21302243.png
国内の繁殖できる場所が減って、数が減少しているそうです。(絶滅危惧Ⅱ類)
この浜は車両が入るので、地元の愛鳥会が保護のために協力依頼の看板を立てていました。

私は少し離れた場所に立っていましたが、戦闘グループが執拗に飛んできて
たくさんの”爆弾”を落とされました。もちろんそれ以上は近づかずに隣の浜を歩きました。



無事に繁殖して家族で南へ還れますように。



ところで、すぐ隣でシロチドリ(画像中央)も抱卵していました。
愛鳥会の記事を見ると、集団でコロニーを守るコアジサシのそばで
ちゃっかり恩恵を受けているそうです(^-^)
d0106575_21283058.png








[PR]
# by hana-ikada | 2017-06-18 22:07 | Comments(2)