人気ブログランキング |

海辺散策ビーチコーミングの記録。


by hana-ikada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

波崎を少し

銚子を早く出たので、波崎(鹿島灘)にも寄ってみました。

斑模様の瑪瑙。メノウが拾える日は多いです。
d0106575_910149.jpg



筍のような巻貝。よく見かけますが、欠けなしは少ないので拾いました。
d0106575_9104688.jpg



波崎のサンゴ。化石でしょう。
d0106575_9124168.jpg



波崎を歩くと、「自分は本当は海や自然のことを何も知らないのだろう」と感じます。
d0106575_9173850.jpg

by hana-ikada | 2013-05-28 09:21 | Comments(6)

桜色拾い

d0106575_1334091.jpg

ずいぶん来ていなかった館山市の沖ノ島。寒そうな景色ですが、実際とても寒かったです。
限られた時間で、駈け足で波打ち際を歩いていくと、春のようなサクラ色の二枚貝が打ち上がっていました。

d0106575_13374337.jpg


漂着物学会HPによると、この秋に開催予定の南房総大会で沖ノ島がBC会場になるらしいです。
そんな訳で、しばらく過去記事を含む沖ノ島のカテゴリをupしようと思います。(少しお時間をいただきます)
よろしくお願い致します。

by hana-ikada | 2013-02-23 13:46 | 館山市沖ノ島 | Comments(6)

一つずつ

d0106575_18211695.jpg


前記事の館山の収穫です。
ビンとガラス栓、おはじき、ビー玉が一つずつ。
貝はあまり揚がっていませんでした。タカラガイも数種類を一つずつ拾いました。

d0106575_1830408.jpg

by hana-ikada | 2013-02-22 18:36 | Comments(2)
d0106575_1154100.jpg

(↑ 牡鹿半島から見た石巻湾)



年も明け、すっかりご無沙汰してしまいました。
いつもお越しいただきありがとうございます。
2013年、気持を新たにして海辺を歩きたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

昨年12月の初めに、
宮城県沿岸部(主に北部、ほとんど車で通っただけですが)へ行きました。
被災した海岸には出ることが出来ませんでしたが、
牡鹿半島の十八成浜でやっと砂浜に足を付けることができました。
狭くなった浜の漂着物は少なく、記念に石を少しだけ拾わせてもらいました。


d0106575_12871.jpg

これはホタテガイの貝殻。中央に穴が開けられています。
産業の牡蠣などの養殖に使われるのでしょうか。
幾層にも紐で綴られたホタテの殻が、お祭りの花飾りのようでした。
船小屋のような場所に、山積みに置かれていました。


漂着した漁業浮きの付着物に白いチシマフジツボが見えますね。
さすがは東北(^^)
d0106575_1293249.jpg

d0106575_1312638.jpg



d0106575_1324065.jpg

牡鹿半島は時間の関係で中途半端になってしまいました。(金崋山も見ていない)
少しずつ立ち直り変わっていく牡鹿を応援しつつ、
またこの浜にいつか行ってみたいと思っています。

  こちらも 十八成浜 

by hana-ikada | 2013-01-23 01:45 | Comments(4)
d0106575_0342674.jpg

シラタマガイ、ササノツユ?、イトカケの仲間など。
d0106575_0402072.jpg

イトカケの仲間。
カメラ、レンズを使いこなせず、画像が暗くてスミマセンm(_ _)m


貝ではありませんが・・・
由比ヶ浜にキンモクセイ、材木座にギンモクセイがありました。
d0106575_0431268.jpg

d0106575_0433393.jpg



d0106575_0441095.jpg

次回はぜひ晴れの日にゆっくり・・(鎌倉レポートおしまい)
by hana-ikada | 2012-11-20 00:48 | Comments(6)

d0106575_859940.jpg

先日の(もう二週間前ですが)鎌倉の浜で拾ったサクラガイ(ほとんどカバザクラ)。
雨に濡れて透明感が増し、砂浜でとても見えにくくなっていました。
d0106575_8594352.jpg

微妙に色合いが違っていて、私は白っぽい、もしくは白いカバザクラも好きです。
それと、樺色というオレンジ色が沢山あるといいなと思いながら探しましたが
この日はほとんど無くて残念。
d0106575_922666.jpg

洗っていたら、こんなの(↑)も見つかりました。(マメウニ in 桜貝)

小さなキンセンガニの殻も。夢中で探して拾うのは楽しい。
そして帰宅して机の上で貝と遊ぶ時間も、心が温まる時間です。
d0106575_96223.jpg

by hana-ikada | 2012-11-19 09:09 | Comments(6)

雨の鎌倉

d0106575_18344717.jpg


鎌倉へは一年半ぶりくらいでしょうか。
運よく行けたというのに、一日どしゃ降りの雨でした。
雨なら江の島水族館・・とも思いましたが
成就院から由比ヶ浜を見下ろすと、やはり浜の様子が気になって・・
d0106575_18373121.jpg

名前通り、坂を下りて「坂の下」から由比ヶ浜~材木座海岸を往復しました。
d0106575_1839833.jpg

この打ち上げの感じ・・!
ここからカバザクラや微小貝を見つけるのは
鎌倉ならではの楽しみですね~しみじみ思いだしました。


d0106575_18401867.jpg

由比ヶ浜にシボリミゾガイがありました。
貝に詳しくはありませんが、雨の中歩いたご褒美と思って良いのでしょうね(^^)

by hana-ikada | 2012-11-07 18:45 | Comments(14)

これは何?

久々に銚子へ行ってきました。
波が高く海は荒れていました。接近中の台風の影響でしょう。

名洗(なあらい)の海は比較的穏やかでした。観光客やサーファーも訪れていました。

そこで見つけたこんなモノ?
植物の実の中に白い管状のモノがぎっしり詰まっています。
d0106575_23333242.jpg


裏返し。
d0106575_2334945.jpg


白いモノを抜き取ってみると、底部は丸く膨らんでいます。
ゴカイの棲管に似ているような気もしますが、初めて見たモノなので分かりません。
気持悪いですが・・・拾ってきてしまいました。
これの正体をご存じの方は教えて下さい。よろしくお願いします。
d0106575_23385888.jpg



正体はボロウチワフナクイムシ。尚さん、感謝です。

ボロウチワフナクイムシ(襤褸団扇船喰虫)、Uperotus clava
フナクイムシ科に分類される海産の二枚貝の一種。
ホウガンヒルギ属 やサガリバナ属 などの漂流散布種子(海を漂流しながら分布を広げる種子)の内部に生息し、個体ごとに石灰質の棲管を形成するが、種子の内部でそれらが相互に絡み合ったような群集を造って生活する。(Wikipediaより抜粋)

by hana-ikada | 2012-09-29 23:45 | Comments(10)

お台場で

d0106575_8342251.jpg

やっと今年もハマゴウの青い花を見ることができました。
そろそろ花より実りの時期でしたが。人の付き合いでお台場へ行った折。

d0106575_8371528.jpg


それから、植え込みの土の上に古い貝殻(合弁)がありました。
カガミガイでしょうか。何故こんな場所にあるのかな?
自由の女神、レインボーブリッジ、東京タワーが見えるデッキにて。
d0106575_8392618.jpg

by hana-ikada | 2012-09-02 08:42 | Comments(8)

小さなハナイタヤ

d0106575_8382911.jpg



1センチくらいの小さなハナイタヤを見つけました。
かわいいですね♪

d0106575_8392720.jpg




キンチャクガイも。
上のハナイタヤと比べると、ある種の凄みさえ感じますが
やはり拾ってお持ち帰りしました。

d0106575_8414028.jpg

by hana-ikada | 2012-07-09 08:43 | Comments(12)